先生

血糖値が高い糖尿病には色々な症状|憎き病魔を追い払おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

数多い分類を持つ病気

病院

悪性リンパ腫は複数の観点から分類されており非常に種類の多い病気です。原因もウイルスや病原菌、自己免疫疾患などいろいろです。悪性リンパ腫の最もよく見られる症状は頸部などのリンパ節が腫れて大きくなるというものです。

More...

血糖値が基準を超えると

医者

生活習慣のセルフチェック

血液中のブドウ糖が増えすぎる状態を高血糖と言い、その数値の血糖値が基準を超えると糖尿病と診断されます。糖尿病は初期には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため生活習慣のセルフチェックと病院での検査が発見の鍵を握っています。糖尿病が進行すると手足のしびれ、のどが渇く、視力の低下、尿の回数と量が増える、食べても痩せていくなどの症状に気づく人もいます。思い当たる症状があれば、すぐに健康診断を受けましょう。糖尿病は基本的に血液検査の数値で判定されます。検査当日は朝から絶食して測定される空腹時血糖値で、これが基本データになり基準値を超えていれば空腹時血糖異常と判定され、糖負荷試験をして食後血糖値を調べます。またヘモグロビンのHbA1cの値も測定します。

放置する人が多い

これといった自覚症状もなく医療機関での治療を受けずに放置する人が少なくない糖尿病ですが、大きな問題はその合併症といっていいでしょう。糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を糖尿病の三大合併症と呼んでいます。糖尿病神経障害は合併症の中でも最も早く症状が現れます。初めは自覚しにくい末梢神経障害で、腱反射の低下や手足のしびれ、怪我や火傷の痛みに気がつかないなどその症状は様々です。神経障害が起きると靴ずれや爪のトラブルなどに痛みに気がつかないため悪化さてしまうことがあるので、注意が必要です。他に筋肉の萎縮や筋力低下、胃腸の不調、ほてりや冷え、立ちくらみ、発汗異常など様々な自律神経障害の症状が現れます。正しく対処し、憎き病魔を追い払いましょう。

再発率が高いがん

カウンセリング

胆管がんは胆管と呼ばれる胆汁の通り道にできる悪性の腫瘍です。肝臓と十二指腸を結んでいます。再発率が高く、転移の可能性もある悪質ながんです。胆管がん罹患者の九割は閉塞性の黄疸ができます。有効な治療法は手術による腫瘍の直接除去です。

More...

脳にできる腫瘍

女性

脳腫瘍は脳を保護する頭蓋骨の内側にできる悪性の腫瘍です。脳にはほかの部位と異なりリンパ系がないので、転移する事はありませんが、他の臓器から転移してくる事は多々あります。

More...